美容&健康情報

紫外線が肌に与える影響

 

 

こんにちは。これからこのブログでは、私が学んだ知識で伝えていきたいなぁと思ったことも書いていきたいと思います。

 

今日は【紫外線が肌に与える影響】についてです。

 

老化の80%が紫外線による影響なんだそうです。

紫外線には波長の長いものからA波(UV-A)、B波(UV-B)、C波(UV-C)とあります。ちなみにC波は地表に届きません。

 

皮膚を黒くしたり、しわ・たるみの原因となるUV-A

UV-Aは紫外線の9割を占めていて、肌の弾力を保つ(しわ・たるみに関係)真皮層(肌の中)まで到達します。

雲やガラスも通り抜けるし、光が入るところではUV-Aを浴びています。紫外線量も1年変動が少ないので、年間を通して防ぐことが大切です。

 

●肌を乾燥させたり、荒れさせたりする原因となるUV-B

主に表皮(肌の表面)にダメージを与えるUV-B。

日焼けでダメージを受けると赤く炎症を起こします。日焼けを繰り返すと皮膚ガンの要因にもなるらしいので注意が必要です。雲やガラスではほとんど通り抜けないようですが、雲が薄いと80%以上が透過するようです。

 

紫外線はあらゆる方向から肌にあたっています。その日の時間帯や天気によってUV量も変わりますが、日が沈むまでは浴びていますので、日焼け止めの使用は必須です。

私はお化粧をしない日でも、必ず日焼け止めを塗っています。

 

ちなみに、紫外線の影響によってつくられたメラニンは皮膚のターンオーバー(生まれ変わり)とともに、排出されていくのですが、排出しきれずに残るとシミになります。

シミにはなってほしくないのですが、メラニンをつくって紫外線から身体を守るというこの機能…

勉強すればするほど、人間の身体ってすごいなぁと驚くばかりです。

 

今日は【紫外線が肌に与える影響】について書いてみました。

なるべく見て下さっている方が分かりやすいように書いていきたいと思っています。また見ていただけると嬉しいです♡

 

-------------------------------------------------------

Hollyhock Beauty

当サロンは完全予約制のプライベートサロンです。

ホームページ 2018年7月リニューアルOPEN
http://hollyhock-beauty.com

address:遠賀郡遠賀町松の本1-10-10 1F
tel 080-5608-0888
open 10:00-16:00
holyday 不定休

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です