美容(知識・化粧品・メイク)

意外と知られていない、肌へ与える紫外線の影響と日焼け止めの数値について

みなさんは日焼け止めを購入する時、何を目安に選んでいますか?

私は肌や化粧品などの知識がないときは、とにかく日焼けしたくなかったのでSPFの数値が高いものを目安に選んでいました。

知識のある今は、SPFの数値だけでなく、PA値や紫外線カット剤、クレンジングのことまで考えて購入し、生活シーンに合わせて使い分けているため、数種類の日焼け止めを持っています。

 

紫外線がお肌に良くないことは、みなさんも知っていると思いますが、実際にどんな影響があるのかや、数値の意味を知っている人は意外と少ないように感じます。

なので、今日は生活シーンに合わせた日焼け止めを選べるように、肌への影響や数値の意味を知っていただけたらいいなと思います。

 

まずは紫外線について。

実は老化の80%が紫外線による影響だといわれています(光老化)。なので日常的に紫外線を防ぐことは、老化を遅らせるためにも重要です。

 

紫外線A波とB波は、それぞれ肌に与える影響も違います。

【A波】日ざしを浴びた後に肌を黒くする紫外線で、肌の奥にあるヒアルロン酸やコラーゲンがつくられている真皮にダメージを与え、しわやたるみの原因を引き起こします。また人間のDNAを破壊するともいわれています。ちなみにA波は雲やガラスも通過するので、光の入るところでは常にA波を浴びている状態です。

【B波】エネルギーが強く肌の表面(表皮)にダメージを与え、皮膚を赤くし、炎症を起こす紫外線です。ひどい場合では、やけどと同じ状態です。メラニンを増やし、シミの原因となったり、角層中の水分が失われ、肌があれたりします。

 

次に数値(サンケア指数)について。

 

【SPF】UVーBの防止効果を表す数値のことです。赤くなってヒリヒリする日焼けを起こすまでの時間を、何倍にのばせるかの目安になります。普通肌の人で、日ざしを浴びてから25分で赤くなるといわれています。

なので、普通肌の人がSPF24の日焼け止めを使った場合

25(分)× SPF24=600(分)

600(分)÷60(分)=10時間 日焼けを防ぐことができます。

※SPF50+と表示されるものはSPF51を超える製品になります

 

【PA】UVーAの防止効果を表したもの。

PA+…効果がある

PA++…かなり効果がある

PA+++…非常に効果がある

PA++++…極めて高い効果

と、4段階あり、後に続く「+」の数が増えれば増えるほど高い効果があります。

 

その時の肌に合わせたスキンケアを使い分けるのと同じように、数値の意味や下記の資料を参考に、シーンによって使い分けることで、余計な肌負担も減るのだと思います。また紫外線への過敏さや、使い心地、肌との相性なども考慮して選ぶことが大切です。

 

※日本化粧品工業連合会 『紫外線防止化粧品と紫外線防止効果』より引用

 

今日は意外と知られていない、紫外線が肌にどんな影響を与えるかや、数値の意味について書いてみました。

日焼け止めの効果を発揮するためには、少なくとも2〜3時間おきの塗り直しが必要です。汗や水に強いウォータープルーフの日焼け止めでも、衣服や動作による摩擦や、汗や皮脂により落ちてしまうことがあるので、うっかり日焼けしてしまわないように塗り直すことが大切です。また塗布量も重要で、パッケージに記載されている量を塗ることが重要です。規定量を塗布することで日焼け止めの効果が発揮されるからです。意外と日焼け止めを塗ったというだけで満足しがちですが、規定量を2〜3時間おきに塗り直すことでその効果が得られるということを覚えておいて下さいね。

私もつい塗り直しを忘れてしまうことで、うっかり日焼けしてしまうので、今年はしっかり塗り直しをして対策していきたいと思います。

 

自粛生活がまだまだ続いていますが、室内にいても紫外線A波はガラスを通過して浴びています。今日はどうしても日焼け止めを塗りたくない、なんて日は遮光カーテンをして対策するのも良いですね。

 

 

 

 

 

 

 

-------------------------------------------------------

Hollyhock Beauty

当サロンは完全予約制のプライベートサロンです。

ホームページ 2018年7月リニューアルOPEN
http://hollyhock-beauty.com

address:遠賀郡遠賀町松の本1-10-10 1F
tel 080-5608-0888
open 10:00-16:00
holyday 不定休

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です